こどもバナナ青汁(Senobiru)

kodomo-banana_header - image

Senobiruから販売されている「こどもバナナ青汁」を実際に飲んでみた私の口コミを、レビュー形式で紹介します!

項目別に10点満点で採点・コメントして、総合的な満足度を星5つで評価しています。こどもバナナ青汁の評判が気になる方は、私なりの感想と商品に対する評価をぜひ参考にしてみて下さいね。

 

こちらが「こどもバナナ青汁」の基本的な商品情報です。

kodomo-banana_board - image

項目 内容
商品名 こどもバナナ青汁
販売元 Senobiru
主原料 大麦若葉
主原料産地 国産
価格 5,500円
価格(税込) 5,940円
包数 30包
1杯あたりの価格 183円
送料(税込) 500円
送料無料の条件
初回購入特典
定期購入特典 初回980円、2回目以降35%割引
その他特典 60日間全額返金保証

 

それでは、実際に「こどもバナナ青汁」を購入して飲んでみた私の評価と口コミを紹介したいと思います!

 

私の評価と口コミ

kodomo-banana_graph - image

kodomo-banana_graph - image

ありそうでなかった子供向け青汁を発見!その名も『こどもバナナ青汁』です。バナナ味の青汁なら子供も喜んで飲んでくれそうですよね。

まず原材料構成ですが、メインに使用している青菜は国産の大麦若葉です。明日葉も使っていますが、大麦若葉主体の青汁となっています。そこに、子供の成長のためにビフィズス菌乳酸菌、さらに栄養満点で注目を浴びているスピルリナを配合し、子供の成長をサポートしてくれます。

味を調えるために人工甘味料を使うのではなくバナナパウダーと黒糖で甘さを出すなど、添加物を極力控える姿勢には好感が持てます。

さて飲んで見た感想ですが、大人が飲むとかなりの薄味です。子供がゴクゴク飲むには適していそうですが、一般的な青汁と比較すると薄いので、大人が飲み応えを期待して買うべき商品ではないです。(そういう方は少数派だと思いますが…。)

そして、子供に美味しく飲んでもらうには、水ではなく牛乳を使うのがポイント!水でも飲めなくはないですが、バナナの香りがする薄味の青汁って感じなので、それよりも牛乳に混ぜた方がお子様が喜んで飲んでくれる可能性大です。

自分の子供のために青汁を購入する場合、どうしても「もし口に合わずに全然飲んでくれなかったら…」と心配になると思いますが、こどもバナナ青汁には60日間の返金保証が付いていますので、その点は心配無用ですよ。定期コースなら初回980円で購入できちゃいますので、野菜嫌いのお子様をお持ちなら、ぜひ一度試してみて下さいね。

 

kodomo-banana_link_official - image

 

 

項目ごとにレビュー!

成分:8点

kodomo-banana_seibun - image

こどもバナナ青汁は国産の大麦若葉を使っていますが、もっとも多く使われている原材料はバナナパウダーとなっています。これは子供向けに飲みやすくするための工夫ですね。

こういった子供向けの飲み物って添加物を多く使って、悪く言えば子供だましみたいなものが多く見受けられますが、この青汁は保存料や人工甘味料を使わずに作られています香料は使用)。人工甘味料を使わずにバナナパウダーと黒糖で甘みを出しているので、できるだけ体に良くないものを子供に飲ませたくない親御さんにとっては魅力的なのではないでしょうか。

その他にも、子供の成長を考えてビフィズス菌乳酸菌、世界で注目されている栄養豊富なスピルリナも配合されていますので、こどもバナナ青汁を一杯飲めば十分な栄養を補給できるようになっています。

 

飲みやすさ:7点

kodomo-banana_nomiyasusa - image

味についてですが、これは「誰が飲むか?」と「どうやって飲むか?」でかなり評価が分かれます。

まず、飲む人については子供がほとんどだと思いますが、大人(私)が飲むと、青汁としてはかなり薄味です。子供用に飲みやすく仕上げられていると考えるとまぁ納得なのですが、とにかく大人が飲む青汁としては物足りなさが残りますのでご注意を…。

そして飲み方ですが、水で溶かして飲んだ場合、正直に言って子供が喜ぶほどバナナの味がしっかりするわけでもない(バナナの香りがする程度)ので、飲むなら牛乳で割って飲むことを強くおすすめします。

公式サイトの体験談を読んでみても牛乳で割って飲んでいる購入者の方が多いようですし、子供にとっても「青汁を飲んでいる」と思うよりも「バナナ風味の牛乳を飲んでいる」と思う方が恐らく好んで飲んでくれるでしょうしね。

というわけで、大人としての飲みやすさは6点なのですが、子供にとっては(牛乳で割って飲むなら)8点なので、ここでの採点は間をとって7点とさせていただきました。

 

価格:5点

kodomo-banana_kakaku - image

こどもバナナ青汁は、全青汁商品の中ではかなり高めの価格設定になっています。

定価が5,500円(税抜)なので、一杯あたりに換算すると183円となります。110~120円の商品が多い中、これはコスパがかなり悪い部類に入ります。ですので、定価で単品購入することははっきり言っておすすめできません。

購入するなら【元気モニターコース】という定期コースがお得です。初回980円で、2回目以降は35%割引の3,880円で購入できるようになります。つまり、単品購入で1箱だけ買うよりも、定期コースを選んで2箱買った方が1,080円も安いんです!

(ちなみに、定期コースは2回商品を受け取れば、その後は好きな時に解約できます。)

このように、【元気モニターコース】を選ぶデメリットは一切ありませんから、購入するならぜひこちらのコースを選んで下さいね。

 

信頼感:8点

kodomo-banana_shinraikan - image

商品と一緒に送られてくる同梱物には、商品の特徴がまとめられたリーフや、子供の成長に関するお役立ち情報の冊子が入っていて、子供の未来をサポートする専門会社らしさが伺えました。

さらに細かいことではありますが、写真のように梱包剤を使ってしっかり商品が固定されるように保護して届けてくれました。こどもバナナ青汁は箱に入った商品なのでそこまでやらなくても問題なく届きそうですが、こういった気遣いはちょっと嬉しくなりますね。

 

特典:10点

kodomo-banana_tokuten - image

青汁を子供に飲ませる場合、最初はどうしても「子供の口に合わなくて飲んでくれなかったらどうしよう…」って思いますよね?そんな不安な気持ちをサポートしてくれるのが「60日間返金保証」です!これはありがたい…。

60日間となっているのは、定期コースである【元気モニターコース】が最低2回のお届けの約束になっているからですね。その分、60日間じっくり試してもらって、それでも満足できなかったら返金しますってことなので、購入者側からするとこれ以上の安心サポートはありません。

「飲みやすさ」のところで書きましたが、水ではなく牛乳で溶かして飲めばおそらく子供は喜んで飲んでくれるとは思います。ですが、子供だって好みはありますから、万が一口に合わないことも十分考えられます。その点、こういった返金保証制度があれば、自分の子供に合うかどうかとりあえず試してみることができるのでありがたいですね。

 

満足度

kodomo-banana_manzokudo - image

飲む対象を子供限定とするなら、お子様のために購入する青汁としては有力な選択肢となるのがこちらの『こどもバナナ青汁』です!

商品を開発・販売しているのが、「未来を担う子どもたちの育成に貢献する」というスローガンを掲げている、いわば子供向けの商品開発を専門としている会社です。だからこそ、子供に必要な栄養がしっかり補給できるように考えられているので、その点はまったく心配ありません。

大人用の人気の青汁と比較すると、定期購入してもややコスパで劣るといった一面もありますが、そのマイナス分を補って余りある返金保証制度もありますし、自分の大切な子供のために青汁を購入したいという方であれば、一度試してみる価値は十分にあると思います☆

 

kodomo-banana_link_official - image

 

 

この記事を書いた人

rinmama - image
りんママ(管理人)
出産後、急に健康志向が強まり以前から興味のあった青汁を愛飲中。納得いくまで色々試すこだわり派であり、誰よりも「青汁を選ぶ難しさ」を感じているつもり。日本一青汁を飲み比べた主婦(?)として、自分の経験が誰かの役に立てばと思い「青汁のソムリエ」を立ち上げる。青汁最高!