青汁を飲むタイミング

青汁を一日の生活の中でどのようにして飲めば効率的に青汁に含まれている成分を体内に吸収する事が出来るのでしょうか?それは、青汁をどのような目的・効果が欲しくて飲むのかによって青汁を摂取すべきベストタイミングは異なってきます。

青汁を今まで飲んだことがない人も、今飲んでいる人も、せっかく青汁を飲んでいるなら、その効果をより一層発揮させるためにも、青汁を飲む目的別に効果的な青汁を飲む時間帯、タイミング、飲む時に気を付けたほうが良い点についてチェックしておきましょう。

 

青汁を栄養補給目的で飲む場合

knowledge_how-to_drink - image

青汁は、空腹時に飲んだ方が体への吸収が高くなるので、栄養補給目的で飲むなら朝食前に飲むのがおすすめ!

夜から朝にかけては長時間何も食事を口にしていない状態です。さらに私たちが寝ているときに内臓は動いており、朝にはエネルギーを必要としています。そのエネルギーを必要としている状態に、栄養たっぷりの青汁を飲むことによって、元気な朝を迎えることが出来ます。

体内酵素を補給してから朝食を食べることで、消化が良くなり脂肪が付きにくくなります。それに、青汁に含まれている食物繊維の効果で、朝から自然なお通じがやってきます。腸内環境を整えることで、免疫力も高まります。食物繊維が腸内で膨らむことで、満腹中枢が刺激されて、何か食べたいという欲求を抑える効果も得られますよ。

「就寝前に飲んだ方が、栄養を吸収しやすいのでは?」と、思われるかもしれませんが、寝る前に体内に栄養を入れてしまうと内臓が働いてしまうので、質の良い睡眠を確保することが出来なくなってしまいます。ぐっすり眠れないと、朝からボーっとして、仕事に集中することが出来ません。不眠になってしまうと、血行が悪くなり摂取した青汁も、体の隅々まで栄養を行き渡らせることが出来ないのでおすすめしません。

 

青汁をダイエット目的で飲む場合

knowledge_effect_diet - image

ダイエット目的でやせるのが希望であれば、食前に飲むのが一番効果的です。なぜなら食前に青汁を飲むなら、青汁の中に含まれている食物繊維が満腹中枢を刺激するからです。そうする事によっていつもよりも食べるご飯の量を自然に減らすことが出来ます。

また青汁の食物繊維は血糖値の上昇を抑えることが出来ます。それによってインシュリンの分泌を抑え、糖分が脂肪に代わるのを抑えられるので肥満対策にもなります。

これは、食物繊維が豊富に含まれている青汁を食事の前に飲んでおく事で、食事の際にご飯やパン・麺類などの炭水化物を摂取した時に血糖値を急激に上げる原因となるインシュリンの分泌を抑える効果が期待できます。

また、青汁を食事の直前や食事を始めてすぐに飲む事によって胃の中がある程度膨らむため、青汁を飲まない時よりも食事で満腹感を得られやすいというメリットもあります。

 

青汁を便秘解消目的で飲む場合

knowledge_effect_benpi - image

青汁を便秘解消目的で飲む場合には、青汁は「起床後すぐの時間帯」や「午前中の空腹時の時間帯」に飲むのがおすすめです。

これは、人間の便は夜間、人が寝ている間に大腸内で作られている事で、起床時には睡眠中に大腸内部で作られた便が滞留しており、その大腸内に滞留している便を起床後すぐに水分である青汁を飲んであげる事で腸内に水分がスムーズに行き渡り、大腸の便を排出しやすくする作用があるためです。

また、青汁をお昼の食事の前の空腹時に飲んでおく事で、食べ物の消化吸収の為に活動している胃腸を「排出活動に専念させて」便秘を解消させるテクニックもあります。

 

青汁を美容目的で飲む場合

knowledge_effect_biyou - image

ズバリ夜10時前です!

青汁の中に含まれているビタミン群は美白効果、肌のきめを整える効果があります。通常肌のターンオーバーを行う時間帯は夜10時から朝2時と言われています。この時間帯は肌にとってゴールデンタイムとも言われてくらいです。それでこの時間帯の前に青汁を飲んでおくなら、青汁の栄養素が体内に吸収されてお肌のために用いることが出来ます。

しかし、せっかく青汁を夜10時前に飲んだとしても、夜更かしをしてしまうなら、せっかくの青汁の栄養素が逃げてしまいます。それで青汁を飲んだらしっかりと睡眠をとりましょう。

青汁は、健康に良いからといって水代わりに青汁をガブガブ飲むと、食物繊維の摂り過ぎによってお腹が緩くなる可能性があります。下痢になると、折角摂ったビタミンミネラルまで排出されてしまいます。水溶性ビタミンは尿と一緒に排泄されてしまうので健康被害はありませんが、脂溶性ビタミンは過剰摂取すると肝臓の働きを弱めたり、骨粗鬆症を引き起こす恐れがあります。

青汁の摂取量は、1日に2杯~3杯くらいとされています。メーカーによっても異なりますので、用法用量を守るようにしましょう。

 

二日酔い防止目的で飲む場合

ranking_trial_anemia - image

青汁はお酒を飲む前後に飲むと、二日酔いを防ぐ効果があります。青汁を飲んでおくことによって、アルコールに含まれている糖質の吸収を抑える効果も得られるので、体重増加を防ぐことも出来ます。

お酒を飲んだ後に青汁を飲むことで、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解し、体のだるさや頭痛などを軽減してくれますから、アルコールをよく飲む方はぜひ青汁を事前に飲んでみて下さいね。

 

この記事を書いた人

rinmama - image
りんママ(管理人)
出産後、急に健康志向が強まり以前から興味のあった青汁を愛飲中。納得いくまで色々試すこだわり派であり、誰よりも「青汁を選ぶ難しさ」を感じているつもり。日本一青汁を飲み比べた主婦(?)として、自分の経験が誰かの役に立てばと思い「青汁のソムリエ」を立ち上げる。青汁最高!