青汁に期待できる主な効果

青汁を飲むことで期待できる主な効果をご紹介します!

よく言われる「便秘解消」や「血液サラサラ」といった効果以外にも、青汁には実に様々な効果が期待できますので、健康が気になる方には青汁は本当におすすめですよ☆

ただ、青汁は薬ではありませんので、飲んだからといってすぐ効果が実感できるわけではないので、その点はご注意を(笑)青汁を飲んだからといって「すぐにダイエット効果があった!飲んだ次の日に2キロ減!」とかいうことは決してないってことですね。

青汁は健康飲料です。飲み続けて初めて効果を実感できると思います。最低でも一ヶ月くらいは飲んでみてもらうといいと思いますよ☆

knowledge_effect_effect - image

 

私が青汁を飲み続ける中で、特に効果を実感したのは「ダイエット効果」「便秘解消効果」「花粉症対策効果」なのですが、その中でも「便秘解消効果」が一番早く効果を実感できました!青汁を飲み始めて、気付いたらすっかり便秘が解消しちゃってたって感じでした。

なので、青汁にどんな効果があるのか気になっている方は、必ず効果があらわれることを期待するのではなく「定期的に飲み続けていたら、体の調子が良くなってきたかも!」くらいに、ちょっと気長に考えてもらえるといいんじゃないかと思います。

栄養不足を補うという点では、これはほぼ間違いなく青汁は効果的だと思いますしね。

いくつか考えられる青汁の効果を紹介しますが、「人によってはこんな効果もあるんだな~」くらいで読んでいただけると嬉しいです。

*本記事あくまで参考情報であり、青汁の効果を保証するものではありません。

 

ダイエット効果

knowledge_effect_diet - image

青汁は健康維持だけでなく、ダイエット効果も高いことでも知られています。

青汁の中に含まれている食物繊維は、通常の食生活の中で摂取できる食物繊維とはかけ離れた量であることが多いため、それまで便秘気味だった方でも便秘解消することが大いに期待できますし、腸の中の老廃物などを食物繊維が絡めとってキレイにすべて体外へ排出してくれるため、宿便なども一掃することができます。

また、食物繊維はなかなか消化されないので腸の中で長時間滞在しています。その際に、腸の中にある食物繊維が水を吸収してふくらみ、満腹感を得ることもできるのです。ダイエットをしている方にとっては、青汁を飲んでいればダイエットにはつきものの空腹感を感じなくてすみますのでおすすめですよ。

青汁は生活習慣病を解消する効果もあります。メタボ対策にも理想的な飲料水として中高年の中にも愛飲者はたくさんいるようです。

青汁の原材料として使われている緑黄色野菜にはいろいろな種類があります。調理したり熱を加えることなくフレッシュなまま絞っている青汁には、通常の食生活ではなかなか摂取することができない栄養素もたっぷりと含まれていますよね。

青汁の中には酵素を生成したり糖質や脂質を分解する働きがある栄養素もたっぷりと含まれていますし、血液の循環を良くしたり体の代謝をアップさせる成分も豊富に含まれているので、体の機能をバランスよく正常な状態に維持してくれる効果が期待できるわけです。

青汁には自律神経のバランスを整えてくれる働きもあるので、イライラやストレスが多い方にもおすすめです。また、食生活が不規則な方や好き嫌いが激しい方にとっては、青汁は普段の野菜不足を解消してくれる理想的な方法としてぜひおすすめしたいです。

 

美容効果

knowledge_effect_biyou - image

青汁は健康維持のためだけでなく、美容にも高い効果が期待できます。

青汁に含まれている食物繊維は便秘解消の効果が高いので、青汁を毎日飲んでいれば便秘による肌荒れなどは気にする必要がありません。食物繊維が豊富に含まれていればデトックス効果も高いですから、お腹周りがすっきりとスリムになれるという評判です。

青汁の中にはビタミン類がバランスよく配合されています。

その中でも美容効果が高いビタミンCは青汁の原材料になっている野菜の多くが豊富に含んでいるので、サプリメントなどでビタミンCを補給している方にとっては、青汁ならサプリメントよりもより健康的な方法で栄養補給をすることができるわけです。

青汁にはビタミンC以外にも抗酸化作用が高いビタミンやミネラルも含まれていますし、冷えを解消したりアレルギー体質を改善する効果もあります。美容を気にする女性だけでなく体質自体を改善して体全体のバランスを整えてくれる効果が期待できるのも魅力的ですね。

最近では青汁の中に美容成分をさらに追加した美容のための青汁なども登場しています。コラーゲンやヒアルロン酸など、アンチエイジング効果や保湿効果の高い成分が青汁の中に追加されているタイプもたくさんあるようです。

「健康維持のために飲む」という青汁の目的を達成していることはいうまでもありませんが、最近は「美容のために青汁を飲み、健康維持も同時にできる」という理由で青汁を飲んでいる女性も少なくないようですよ。

 

美白効果

knowledge_effect_bihaku - image

美白に最も必要な栄養素は何でしょうか。美容に興味をお持ちの方なら誰でも知っていると思いますが、ビタミンですね。特に必要なのはビタミンCです。

ビタミンCは普通の食生活でそんなに摂れるものではありません。レモンの丸かじりの難しさ、ビタミンCだけ吸収するわけにいかないイモ類、もれなく果糖がついてくるみかん。みんな、ビタミンCだけの必要分を摂ろうとすると量がかさんでしまい、実際に食べるのが不可能なものばかりです。

特にイモやみかんを食べすぎてしまうと、ダイエットの妨げにもなりかねません。

健康的にピンポイントでビタミン、ミネラルを摂取し、美肌、美白につなげるならやはり青汁が一番。野菜に含まれるビタミンが肌にいいことはわかっていても、忙しい毎日、食事だけでそんなに何種類もの野菜を摂ることはできません。

よほど調理法を工夫すれば別ですが、忙しい勤め人にはそんな気力も時間もありません。時間をかけずに美肌、美白。これは美容の普遍的なテーマです。

かつて、みずみずしいキュウリやレモンを顔に貼ったり、無縁バターを顔に塗ったりする美容法がありましたが、青汁なら切ったり貼ったりする手間もありません。

白い肌に憧れてファンデーションを塗ってみても、首と色が違ったりして付け焼刃がばれてしまいます。もっと、根本的な所から変える必要がありますよね。

余分なカロリーを排し、必要な栄養素だけを凝縮した自然由来の青汁は、不足した栄養を補って健康にしてくれ、そのうえ美白効果も期待できるとしたら、良いことづくめですね♪

 

アンチエイジング効果

knowledge_effect_antiaging - image

アンチエイジングには欠かせない「抗酸化作用」。アンチエイジングはコスメなどで肌の外側からトリートメントをするのも大切ですが、肌の内側からアンチエイジングを行なって体全体を酸化させない工夫をすることが大切です。

抗酸化作用を持つ栄養素というと、まず思いつくのがビタミンCなどのビタミン群ですよね。ビタミン群にはそれぞれ高い抗酸化作用があるので、アンチエイジングで最も気になる肌の抗酸化だけではなく、内臓器官や血管などの抗酸化作用も期待することができます。

青汁には抗酸化作用を持っているいろいろな成分がバランスよく入っているので、体全体の抗酸化を行なうためには理想的な飲み物です。

その中でもビタミンCが豊富に含まれている大麦若葉やセロリ、パセリなどを原材料としている青汁は、アンチエイジングに大きな効果があるようです。

アンチエイジングに欠かせない抗酸化作用を持つ成分はたくさんありますが、どの成分も水溶性のため一度にまとめて摂取しても体内で保存されるわけではありません。

過剰摂取した分は尿として体外へ排出されるので、一日の中で小分けしてバランスよく摂取し続けることがアンチエイジングにとっては大きな効果があるようです。

最近では、美容のために青汁を飲む女性の愛飲者も急増しているためでしょうか、青汁の成分にヒアルロン酸やコラーゲンなど、アンチエイジング成分が追加されているタイプの登場しているようです。

こういった美容目的の青汁でも健康維持や野菜不足を解消できるという目的はもちろん達成することができるので、たくさんラインナップされている青汁の中から自分にピッタリの一品を見つけて毎日飲み続けることが、アンチエイジングを成功させる秘訣なのかもしれませんね。

 

冷え性改善効果

knowledge_effect_cold - image

女性に多い冷え性。夏なのに手足が寒くてたまらないというほど極端な冷え性の方は青汁を飲んだぐらいではなかなか症状が改善しない事もありますが、そこまで冷え性ではないけれどどちらかと言うと冷え性だ、という場合には青汁が効果的です。

サラダなどの生野菜を食べると体が冷えてしまうと言われていますが、青汁の原料も生野菜。青汁を飲む前に調理したり熱を加えたりする製造過程が入っているわけではありません。それでも青汁が冷え性に良いと言われているのはなぜでしょうか?

青汁を飲むと、一時的に体が冷えてしまいます。これは青汁が生野菜であるという理由もありますが、青汁を飲むときには冷たい水で溶いて飲む方が多いからです。

青汁を飲んだ後の一時的な冷えも予防したいという場合には、温かい牛乳やお湯などで溶かして飲むのも悪くないアイデアですね。

青汁の中には豊富な栄養素がバランスよく含まれています。飲んだ直後に体が一時的に冷えてしまうことはあっても、青汁には代謝を活発にしたり血行をよくする成分なども豊富に含まれているので、青汁を毎日継続して飲んでいれば体が自然と温かくなってくるという統計も出ているようです。

それだけではありません。冷え性の原因の一つに貧血や低血圧などがありますが、青汁には鉄分や亜鉛、銅などの数多くのミネラルが豊富に含まれているので、青汁を毎日飲むことで貧血解消や血圧安定などの効果も期待することができます。

また、青汁を飲むことで代謝がアップして血行もよくなるので、冷え性を改善できるのと同時に脂肪がつきにくい体質を作ることもできます。

肥満になりにくい体質を作ることができれば生活習慣病も予防する事ができますね。冷え性防止や冷え性改善にぜひ青汁を活用してみてはいかがでしょうか?

 

便秘解消効果

knowledge_effect_benpi - image

頑固な便秘で悩んでいる方は少なくありません。便秘は頑固になればなるほど排便が大変になりますし、便秘が続くと肌荒れの原因にもなってしまいますよね。

それだけではありません。便秘が慢性的になると腸の中で悪玉菌がどんどん増えてしまうので、大腸がんの原因にもなってしまいます。便秘は早期発見・早期解決が何よりも大切なのです。

便秘解消にはなんといっても食物繊維がおススメです。食物繊維はキャベツや大麦若葉などの野菜や、バナナやプルーンなどの果物にたっぷりと含まれています。

毎日こういった野菜を食生活の中で摂取する事ができればそれが理想的なのですが、食生活が不規則な方や生活習慣が乱れていたりすると、食生活の中で摂取する食物繊維だけでは便秘解消することができない場合もあるようです。

そんなときに便利なのが青汁。青汁の原材料はほうれん草やケール、ゴーヤ、大麦若葉、明日葉など食物繊維を豊富に含んでいる緑黄色野菜ですし、熱を加えたり調理したりするわけではないので、食物繊維を壊すことなくたっぷりと摂取する事が可能です。

普段の食事で摂取できる食物繊維の量とは比較にならないぐらいたくさんの繊維を摂取する事ができる青汁を毎日コップ一杯必ず飲んで、便秘知らずの快腸ボディを目指してみてはいかがでしょうか?

青汁はいろいろな目的で飲まれています。健康維持や野菜不足を補う目的で青汁を飲む人も多いですし、便秘解消や肌荒れ防止など美容のために青汁を飲む方もたくさんいます。

最近では女性の青汁愛飲者も急増しているのだとか。そのため、最近の青汁には食物繊維が増量されていたりコラーゲンなどの美容成分が配合されているタイプも登場していて、商品を選ぶ楽しみが増えてきていますよ。

 

口臭予防効果

knowledge_effect_koushu - image

気になる口臭や体臭は、いろいろな原因が複雑に絡み合っていることが多いようです。

お風呂に入らない、歯を磨かない、などという不潔な理由は論外として、毎日何回も歯磨きをしているのに口臭がひどいという場合もありますよね。そんな場合には口臭の原因が体内にあるケースが多いようです。

口臭の原因には歯槽膿漏や歯周病など歯科的疾患が原因の場合もありますし、体の抵抗力が衰えることで口の中で口臭の原因となる細菌が繁殖するのが原因という場合もあります。

また、口臭の原因が口の中だけでなく、便秘などの腸内環境が正常ではないことが理由の場合もあったりするようです。

青汁にはいろいろな成分がバランスよく含まれているため、毎日飲み続けていると体の抵抗力や免疫力が高くなる効果が期待できます。また、食物繊維もたっぷりと含まれているので便秘解消効果もありますから、腸内環境を整える効果も期待できますよね。

そう考えると、青汁を毎日飲むことで体内環境や機能が正常に働くようになるわけです。青汁は口臭予防にも大きな役割を果たしていると言えますね。

口臭を予防したり抑えたりする働きをする栄養素の一つに、クロロフィルと呼ばれている葉緑素があります。葉緑素はそのネーミングから想像できるとおり、緑黄色野菜に豊富に含まれている栄養素で、抗酸化作用や抗炎症作用などもある成分です。

青汁の原材料となっているのは主に緑黄色野菜ですら、青汁の中に葉緑素もたっぷりと含まれていることが分かりますね。

口臭予防のガムやサプリメントなどを見てみると、この葉緑素が配合されている事も多いものです。ガムやサプリメントは一時的な効果しかありませんが、青汁を毎日飲めば体内に葉緑素がたっぷりと吸収されるので、口臭予防のガムやサプリメントがなくてもさわやかな息が続くことが期待できるというわけですね。

 

アトピー改善効果

knowledge_effect_atopy - image

アレルギー体質の中でも治療に時間もかかり普段の生活にも影響を及ぼしてしまうアトピーは、いろいろな原因で発症してしまいます。

子供から大人まで、誰もがアトピーにかかる可能性をもっているため、アトピーにかからないためには、毎日の生活の中で予防策を行なう事が必要になります。

アトピーはアレルギーの一つなので、アレルギー体質の方はアトピーにもかかりやすいといわれています。そのため、アトピーを予防するためにはアレルギー体質を改善することが必要なのですが、青汁はアレルギー体質の改善にも大きな効果が期待できますので、アトピーを改善したい方にはぜひ一度試してもらいたいと思います。

それでは、青汁を飲むとどうしてアトピーの改善が期待できるのでしょうか。

それは、青汁には体の抵抗力や免疫力を高める効果があるので、青汁を毎日飲み続けていると体の抵抗力や免疫力がアップするのでアトピーの症状も改善されるということなのです。

青汁の原材料にもいろいろな野菜が使われていますが、アトピーの症状を改善する効果が高いといわれているのがケールで作られた青汁なのだとか。ケールの青汁はアトピー改善だけでなく、他のアレルギー体質にとっても高い効果があるようです。

これは、ケールの青汁に含まれている成分がアトピーの原因になる成分を消してくれるというわけではありません。漢方の原理と同じで、ケールの青汁を毎日飲み続けることで、体質改善が行われます。そのため、ケールの青汁を毎日飲み続けていると、アトピーに負けない免疫力や抵抗力を持つ体質へと改善することができるのです。

青汁を毎日継続して飲むと、皮膚に含まれている水分量が少しずつ増加します。アトピーは角質層の水分量が極端に少なくなることで発症することが多いのですが、青汁は角質層に水分を与えてくれる効果がありますので、結果的にアトピーの改善に一役買っているというわけです。

アトピーの症状に限らず、青汁は乾燥肌の方にもおすすめですね。

 

抗酸化効果

knowledge_effect_antioxidant - image

体はイライラしてストレスを感じたり、疲れてくると酸化してきます。体が酸化すると加齢に勢いがかかるだけでなく、肌はくすんだり黒ずんだりしますし、体の水分も失われてしまうので体全体が乾燥してしまいます。それを食い止めてくれるのが抗酸化作用です。

抗酸化作用を持つ栄養素にはたくさんありますが、ビタミンCを中心とするビタミン類や、鉄分などのミネラルなどには、それぞれ抗酸化作用があるので常に摂取し続けたい成分としても知られています。

抗酸化作用を持つ栄養素のほとんどは水溶性なので、一度にまとめて摂取しても体内で保存しておくことはできず、尿として体外へ排出されてしまいます。

そのため、青汁にたくさん抗酸化成分が入っているからといって、抗酸化成分を一日に一度だけまとめて摂取して後は暴飲暴食をするのではなく、一日の中でバランスよく抗酸化成分を摂取するように心がけることが大切です。

青汁はどの原材料で作られていても高い抗酸化効果を期待することができますが、数ある原材料の中でも大麦若葉の持つ抗酸化効果は目を見張るものがあります。例えば大麦若葉が持つビタミンCは、ほうれん草やケールなどと比較しても30倍以上と驚きの量ですし、カロチンは7倍以上と高い数値となっています。

神経バランスを正常な状態にキープしてくれるミネラル成分やカルシウムなどでも、大麦若葉は他の緑黄色野菜と比較すると比較にならないほどの高い数値になっています。

アンチエイジングなど高い抗酸化作用を期待している場合には大麦若葉の青汁がおすすめですよ。

 

血液サラサラ効果

knowledge_effect_blood - image

青汁には、血液をサラサラにする効果も期待することができます。

糖分や脂質の多い食生活を続けていると、血液がドロドロになってきます。イメージ的には、不潔で汚れた下水管の中に汚物が詰まってしまう感じでしょうか。「血管と下水管を一緒にするな!」なんて怒られてしまいそうですが、実は血管もメンテナンスを怠るとあっという間にドロドロになってしまい、血管の壁にはドロドロの成分がこびりつき、血液の流れが悪くなってしまいます。

そして、その状態が続くと血管が詰まってしまい、脳溢血や脳梗塞などの疾病を引き起こしてしまうわけです。血液の状態は決して無視できないことなんです。

そんな悲劇を避けるためには、普段の生活の中で血液をサラサラにする工夫をしなければいけません。

糖尿病や生活習慣病を持っている人の血液や、肥満の方の血液は一般にサラサラしていないと言われていますが、痩せていても血液がドロドロの人は多いので、痩せているからと言って安心できないのも事実です。

血液をサラサラにするためにはダイエットやメタボ対策、抗酸化成分を積極的に取って血液の質を改善させるなどの方法が必要になります。

普段の食生活を見直してみたり、タバコやアルコールなどを控えたり、また、エクササイズを積極的に行なったりするなど、いろいろな工夫をすることが大切であることは言うまでもありませんが、それがなかなか難しいのが実際のところではないでしょうか。

そこで大活躍してくれるのが青汁です。

青汁には高い抗酸化作用を持つ栄養素がたっぷり含まれていますし、強く健康的な血管を作ってくれる成分なども含まれています。

また、青汁には血液のバランスを整えてくれる成分や、脂質や糖質を分解してくれる成分などもたくさん含まれています。そのため、毎日コップ一杯の青汁を飲み続けることで血管だけでなく体全体の体質が改善されていくことが期待できるわけです。

 

疲労回復効果

knowledge_effect_genki - image

青汁は疲労回復にも大きな効果があります。

仕事をしていれば誰でも疲労はたまりますし、ストレスやイライラなども疲労感を増大させてしまう原因にもなりますよね。

誰でも感じる疲労感も、毎日の生活の中で確実に回復しなければ、どんどん疲労がたまって自律神経失調症などの疾病を引き起こす原因にもなりかねません。

疲労回復にはビタミン類が有効と言われていますが、その中でもビタミンB1には糖質をエネルギーに変えると同時に筋肉疲労などを改善してくれる効果もあるので、疲れやすい方は特に積極的に摂取したい成分としても知られています。

また、高い抗酸化作用のあるビタミンCも疲労回復には大きな効果があると言われています。

青汁の原料となっている野菜の多くには高い抗酸化作用や疲労回復効果の高い成分が豊富に含まれているので、毎日青汁を飲み続ければ抵抗力や免疫力がアップしますから、結果的に疲れにくい体質になることも可能です。

青汁の原材料として利用されることが多い野菜の中でも、特にゴーヤは夏バテ防止のために積極的に食べられていることからも分かるとおり、疲労回復にはおすすめの野菜です。

ゴーヤは強い苦味と癖のある野菜なので、ゴーヤの味に慣れていない方がいきなりゴーヤ青汁を飲むとかなり抵抗感を感じることもあるかもしれませんから、ゴーヤ以外の野菜が主原料として含まれているタイプの青汁から飲み始めてみるのがいいでしょう。

ケールなどにも高い疲労回復効果があるのですが、ケールもゴーヤ同様に慣れるまでは飲みにくいと思いますので、水で溶かさずに牛乳や豆乳で青汁を溶かしたり、甘みが欲しい場合にはハチミツを使ってみるなど、いろいろ工夫してみるのもいいかもしれませんね。

 

妊娠中の葉酸摂取

knowledge_effect_yousan - image

ビタミンBの一種としても知られている葉酸は、水溶性のビタミンなのでコツコツと毎日摂取したい栄養素の一つでもあります。葉酸には貧血を改善する効果があると同時に血圧を安定してくれる働きなどもあるため、貧血気味の女性は特に積極的に摂取したい成分です。

葉酸は妊娠中の女性でなくても健康維持には欠かせない成分の一つなのですが、妊娠中の女性は特に意識して葉酸を摂取しなければいけません。なぜなら、葉酸は胎児の神経管閉鎖障害を予防してくれる働きがあるためです。

葉酸の働きはもちろんそれだけではなく、DNAの生成を促進したり細胞の生成を促す働きなどもあるので、赤ちゃんの先天性障害を防ぐ働きなどもしています。葉酸が不足すると、胎児の脳が作られない無脳症の原因となったり、流産や死産にもつながることもありますので注意が必要です。

現在では葉酸(ようさん)のごろにあわせて4月3日は葉酸の日として制定されているのだそうです。

もちろん葉酸の日は国の祝日というわけではありませんが、妊娠しているいないに関わらず葉酸を普段から積極的に取って貧血防止に役立てたり、細胞の生成を健康的に促進することで健康維持に努めるなどの工夫は大切ですね。

葉酸はそのネーミングの通り、青菜などに豊富に含まれている栄養素です。青汁の原材料のほとんどは青菜なので、青菜で作られている青汁を毎日コップ一杯欠かさずに飲んでいれば必要な量の葉酸は確保することができると言われています。

しかし、葉酸は摂取しても体内になかなか吸収されない成分でもあるので、青汁を飲んでいるからと言って安心せずに、普段から野菜を積極的に取るような食生活を心がけましょう。

 

花粉症対策

knowledge_effect_kafun - image

毎年花粉が飛ぶシーズンになると花粉症の方は本当に憂鬱になってしまいますよね。花粉症はシーズン的なアレルギー疾患の一つですが、実は青汁を毎日飲み続けることで花粉症の症状を劇的に改善することも可能なんです。(私も青汁に助けられた一人です。)

体の抵抗力や免疫力を高める効果も高い青汁は花粉症の症状を改善する効果が高いことがすでに分かっていますが、花粉症対策に有効なのはケールを主成分とした青汁です。

ケールの青汁は他の青汁と比べて、体の抵抗力や免疫力をアップする効果が高いので、花粉症などのアレルギーに負けない体質を作ってくれるのが魅力です。

「ケールの青汁が効く」というと、ケールの青汁を飲めば花粉症が治ると思ってしまう方も多いのですが、これは厳密には正しくありません。青汁は医薬品ではないので、花粉症の症状を消してくれるわけではありません。

青汁を毎日飲むことで花粉症に負けない体質を作ってくれるので、結果的に花粉症にかかりにくくなるのです。

花粉症に負けない体質を作ってくれるのは、ケールに含まれているポリフェノールという成分。ケールにはポリフェノールの中でもアレルギー症状を抑えてくれるフラボノールという成分が豊富に含まれています。

花粉症の時期だけ青汁を飲んでももちろんそれなりに効果を実感することはできるようですが、やはり免疫力と抵抗力のある体質を作るためには、普段から青汁を飲んでおいた方がいいと思います。

青汁を飲んで花粉症を撃退する大きなメリットは、なんと言っても花粉症の治療薬を服用した時のような眠気が襲ってこないことではないでしょうか。花粉症はつらいけれど薬を服用すると眠くて仕事ができない、なんて方も多いですよね。

花粉症は薬で治すのではなく、ケールの青汁を利用して症状改善にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

青汁は継続して飲むからこそ意味がある!だからこそ…

いずれの効果にも言えることですが、期待する効果を実感するには、青汁を毎日飲み続けることが大切です。ですので、自分が飲みやすいと感じる青汁をぜひ見つけて下さいね。

…とは言っても、最近は販売されている青汁の種類が多すぎて、どれを選んだらいいのか迷うと思います。原材料も違えば味(飲みやすさ)も違いますし、コスパはもちろん、お得に買える情報も結局どれがお得なのか分からないし、そもそも信頼できる会社が販売しているのかも分からないけど調べるのも面倒だし…。

そんな時こそ私にお任せ下さい!自称「日本一青汁を飲み比べた主婦」である当サイト管理人が、自信を持って「この青汁だったらどんな人に飲んでもらっても絶対に後悔させない自信がある!」と言い切れる厳選した青汁だけを紹介しています!

絶対に後悔させない自信がある厳選された青汁たちはこちら!

 

青汁の様々な効果を享受するためには継続が重要です!だからこそ、長く付き合える青汁を見つけるためにも、ぜひ私のイチオシ青汁ランキングを参考にして下さいね☆

 

この記事を書いた人

rinmama - image
りんママ(管理人)
出産後、急に健康志向が強まり以前から興味のあった青汁を愛飲中。納得いくまで色々試すこだわり派であり、誰よりも「青汁を選ぶ難しさ」を感じているつもり。日本一青汁を飲み比べた主婦(?)として、自分の経験が誰かの役に立てばと思い「青汁のソムリエ」を立ち上げる。青汁最高!