野菜ジュースと青汁の違い

青汁とは?

knowledge_about_aojiru_about - image

テレビや雑誌などでよく耳にする「青汁」。青汁は、そのネーミングから想像すると「青い色をしたジュース」という感じですが、実際には青菜を絞ったジュースの事を青汁と呼んでいます。青菜と言ってもいろいろな種類があり、ほうれん草や大麦若葉、ケールなどが青汁の原料としてよく利用されているようです。

青汁は緑の野菜をそのまま絞って作られているジュースなので、野菜不足を補うための補助食品としては大きな効果が期待できます。

その中でも特に期待できるのは食物繊維の量。青汁は基本的に、青菜の茎の部分から葉の部分まで全てを使用しているので、栄養価値の高さは他の野菜ジュースなどと比較してもずば抜けているのが特徴です。

青汁を購入する場合には、自分が飲みやすいと感じるタイプの青汁を選ぶことが大切です。青汁の中でもほうれん草や大麦若葉などで作られた青汁は子供でも飲みやすいほどマイルドですし、ケールなどは独特の苦味が強いので、慣れるまでは大人でも緊張してしまうほど強烈な味がします。

青汁には食物繊維のほかにもビタミンやミネラルなどが豊富に含まれているので、野菜不足を補う目的で活用できるのはもちろん、活性酸素を抑制する効果があったり、病気などに対する抵抗力や免疫力などがアップしたりする効果も期待できます。

体に必要な栄養素がたっぷりと摂取できて低カロリーなので、ダイエットにもよく利用されているようですよ。健康に気をつけたい方は一日に最低一度は青汁を飲むという方も少なくないそうです。

青汁は自宅でジューサーがあれば簡単に作ることができますが、ちょっと面倒という場合には、粉末状のものや冷凍状のものも販売されていますので、ぜひ当サイトの商品レビューをチェックしてみてくださいね。

 

青汁と野菜ジュースの違いとは?

knowledge_about_aojiru_juice - image

青汁と野菜ジュースの違いですが、青汁の原料である青菜も野菜である事に変わりはないので、青汁も野菜ジュースとして分類することができるかもしれません。しかし、青汁と野菜ジュースとでは作る過程が異なるため、栄養価がずいぶんと異なっています。

例えば、野菜ジュースを作る際にはいろいろな野菜をブレンドしてジュースにしますよね。トマトやニンジン、フルーツなど、いろいろな物をお好みでジューサーにかければよいのですが、その際に、野菜や果物の種類によっては皮をむいたりする作業も必要になります。

一方、青汁の場合には青菜を茎の部分から葉の先まで無駄なく利用するので、食物繊維を代表とする栄養価がグンと高くなるわけです。栄養面を気にしたい方にとっては、野菜ジュースよりも青汁の方がおすすめということになります。

市販されている野菜ジュースはリンゴやニンジンなど、甘い野菜や果物などもふんだんに入っているため、子供でも飲みやすくマイルドな味に仕上がっている反面、栄養面ではどうしても青汁に劣ってしまいますし、糖分も一緒に摂取してしまうのが難点です。

青汁は栄養面では文句のつけようがないくらいですが、ほうれん草や大麦若葉などの青菜を利用してマイルドな味に仕上がっている青汁もありますが、(野菜ジュースと比較すると)それでもやっぱり慣れるまでは大人でも苦いなと感じる事があるかもしれません。

最近は、工夫をして飲みやすくした青汁が多く登場しているように、昔の「青汁=マズい」というイメージはだいぶ変わってきていますから、青汁に苦手意識がある方も、最近の青汁は一度チャレンジしてみる価値はあると思いますよ。

青菜の高い栄養価に加えて、そこにさらにビタミンやミネラル、アミノ酸などが加えられた商品もありますから、野菜不足の方はもちろん、不規則な食生活の方には特に飲んでもらいたいですね。

 

青汁とサプリメントの違いとは?

knowledge_about_aojiru_supplement - image

不足している栄養素をサプリメントでカバーする、最近、そういう人が増えています。

サプリメントは欠乏している栄養素をピンポイントで補給できるものですが、健康のために錠剤やカプセルに入っているものに頼ることには多くの専門家が警鐘を鳴らしています。サプリメントは人工的に作られた合成の栄養素であることを忘れてはいけません。

本来なら食事で摂るのが理想的なビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素。食事で摂るのが難しい場合は、自然由来の青汁で摂る方がサプリメントで摂るよりずっと安全で健康的です。

元をたどれば青汁は濃厚な野菜ジュース。原材料も大麦若葉、ケール、桑の葉、明日葉など、豊かな自然の中で育まれたものばかりです。そこに、現代人の食生活で不足しがちな栄養素が加えてあります。

使われている原料と含まれている栄養素で自分に合った青汁を見つけることです。サプリメントよりソフトで体にも優しいし、飲み物ですから錠剤、カプセルに比べ、胃に負担がかかりません。

また、サプリにない特徴としては、いろいろアレンジを楽しめることですね。ミルクシェイク風、あんみつ風、ゼリーなどいろいろあるので飽きが来ません。レシピはいろんな人がウェブ上で公開していますし、自分でオリジナルを作ってみるのもいいと思います☆

 

青汁がここまで人気になった理由

knowledge_about_aojiru_popular - image

最近では、テレビをつけても通販カタログをみても、いろいろな青汁が販売されていますよね。青汁は老若男女を問わずに人気がありますが、人気の秘密は何なのでしょうか?

青汁がマーケットに登場したのは昭和の初めなのですが、青汁の人気が急激にアップしたのは、健康ブームに火がついた頃からです。不規則な生活や乱れた食生活、またストレスなどで体が酸性になってしまうことがテレビで紹介されるようになると、みな必死に青い野菜を食べるようになりました。

しかし、野菜という形で青い野菜を食べようとしても、なかなかまとまった量の栄養価を摂取する事は難しいですし、不規則な生活をしていたりすると、口にする機会もなかなか取れなかったりしますよね。

そんな時に便利なのが、粉末状などになった「青汁」というわけです。

自宅でほうれん草などを使ってホームメイドの青汁を作ってもよいですが、時間がない方や、確実に栄養価を摂取したい方、いつでもどこでも気軽に青汁を飲みたい方は、販売されている青汁を利用してみてはいかがでしょうか。販売されている青汁の多くは粉末状になっているだけでなく個別包装になっているので、バッグの中に入れて携帯してもいいと思います。

青汁の多くは、どこの農家で作られた青菜で、どこの工場で製造された青汁なのか、きちんと明記されています。最近は生産者情報について敏感な方が多いですが、そんな気配りが行き届いた青汁は、健康のためだけでなく、安心して飲むことができる安全な補助食品としても人気があります。

青汁の多くは無農薬で作られている青菜なので、小さな子供からお年寄りまで幅広く楽しむことができると思いますよ。

 

今人気の売れてる青汁ってどれなの?

昔は青汁の種類はそんなに多くはなかったのですが、現在は密かな青汁ブームとなっていて、各社からいろんなタイプの青汁が発売されています。(ざっと数えても100種類以上あります…)

そんな中、いきなり自分にピッタリのベストな青汁を探し当てるのは難しいですよね。

そこで、自称「日本一いろんな青汁を飲み比べた主婦」である管理人が、「これだったら誰にでもおすすめできる!」という青汁を厳選しました!

ソムリエが選ぶ、おすすめ青汁ランキング!

 

青汁選びで失敗したくない方は、ぜひチェックしてみて下さいね☆

 

この記事を書いた人

rinmama - image
りんママ(管理人)
出産後、急に健康志向が強まり以前から興味のあった青汁を愛飲中。納得いくまで色々試すこだわり派であり、誰よりも「青汁を選ぶ難しさ」を感じているつもり。日本一青汁を飲み比べた主婦(?)として、自分の経験が誰かの役に立てばと思い「青汁のソムリエ」を立ち上げる。青汁最高!