ファンケルの本搾り青汁あれこれ

ファンケルの本搾り青汁には無料お試しサンプルがある?

結論から言うと、ファンケルの本搾り青汁にはお試しサンプルは用意されていません。というわけで、残念ですが無料でお試しすることはできなくなっています。

ただ、ファンケルの青汁は有料のお試しトライアルセットが用意されていますので、気になっている方はぜひそのお試しトライアルセットを注文してみて下さいね。

関連記事 ⇒ お試しできる青汁ランキング

 

ファンケルの本搾り青汁は楽天が最安値?

少しでも安く購入したい人は楽天で売っていないか気になるところですが、現時点でファンケルの本搾り青汁は楽天での取り扱いがありません。購入するならファンケルの公式サイトが最安値となっています。

info_fancl_rakuten - image

 

最安値で購入できる公式サイトは下記ページよりアクセスできますが、その前にファンケルの本搾り青汁のレビュー記事をじっくり読んでみてから購入するかどうか考えてみて下さいね。

レビュー記事 ⇒ ファンケルの本搾り青汁 飲んでみた感想と評価

 

 ファンケルの青汁粉末とは?

コスメや健康食品などで大成功をしているファンケルでは、ケールを主成分とした青汁も人気があります。

ファンケルの青汁は国産のケールのみを使用して作られている青汁なのですが、ケールの青汁が持つ独特の苦味やにおいなどを一掃して、とてもマイルドに飲みやすく仕上がっているのが人気の秘訣なのかもしれません。

ファンケルではいろいろなタイプの青汁を製造販売していますが、その中でもさらっとした飲み応えが病みつきになりそうな青汁粉末は、青汁初心者の方や、青汁の苦味が苦手という方でも抵抗なく飲むことができるおすすめの青汁です。

一回分ごとに分包されているスティックタイプの青汁粉末は、スティック一本で一食分の緑黄色野菜を摂取できるのだとか。スティックタイプなのでバッグに入れて持ち歩けば、いつでもどこでも野菜不足を解消できるので、外出が多い方にとっても便利ですよね。

青汁の中には、一日一杯の青汁でその日一日分の栄養素がすべて取れるというタイプのものもありますが、ファンケルの青汁粉末は、あくまでも健康補助食品として、野菜不足を解消するために摂取するのが理想のようです。

ファンケルの青汁粉末には、ケールだけでなく植物性ツイントースも配合されています。植物性ツイントースはカルシウムやミネラルなどの吸収を助けてくれる働きがあるため、成長盛りの子供や、貧血気味の女性などにもおすすめの成分でもあります。

ファンケルの飲みやすい青汁粉末の中にツイントースが含まれていれば、青汁成分もスピーディに体内へ吸収されるのでうれしいですよね。

青汁粉末は30本入りで1箱となっています。1箱単位で購入すると2,835円ですが、お得な3箱まとめ買いをすると、3箱で7,612円となり、お得感も倍増ですね。

また、送料無料のお試しセットもありますから、まずはお試しセットを購入してみるのがいいと思いますよ。

 

ファンケルの青汁は店舗でも購入できる?

ファンケルはオンラインショップも運営しており、そこでの通販は何かと便利ですが、ファンケルに関して言えばネット通販だけでなく通常店舗での購入もおすすめです。

ファンケルは化粧品ブランドとして有名で全国に店舗展開をしていますので、青汁に関してもそうしたところで化粧品のついでに購入することができるんですね。

また、全国にあるファンケルの店舗は、その多くがショッピングモールやデパートの中などに設置されていますので、普段の買い物のついでにファンケルショップに立ち寄って青汁も購入できるのが非常に嬉しいところです。

加えて、ファンケルショップには骨量計が設置してあったり、ジューススタンドがあったりと色々な施設が利用できます。

そして一番大きいのはサプリや健康食品に関して詳しいスタッフがいて、どういったサプリが良いかなどを気軽に相談できる環境が整っていることでしょう。特に美容とリンクした健康相談などは、化粧品も取り扱うファンケル店舗の得意分野だと言えます。

さて、ファンケル店舗で青汁を購入できる利点は、実は日本国内にとどまりません。オンラインショップで通販するにしても、例えば居住地が海外であったりすると手元に届くまで大きなラグがあったりと不安な部分も出てきます。冷凍青汁などだと特にそうでしょう。

これに対してファンケルは、香港・シンガポール・台湾・北京・上海と東アジア各地にも店舗を展開しています。香港だけでも数十店舗、上記の場所以外の中国主要都市にもそれぞれ数店舗ずつぐらいはあります。

このように、購入方法の選択肢があるのは嬉しいですが…結局ネット通販が一番便利なので、私もほとんどネット通販で購入しちゃうんですけどね(笑)

 

ファンケルの青汁はコンビニでも購入できる?

ファンケルの青汁が購入できるのは、オンラインショップやショッピングモール内の店舗だけではありません。なんと、全国のコンビニエンスストア各店でも購入できてしまうのです。

ファンケルと提携してサプリメントや化粧品を販売しているのは「セブンイレブン」「LAWSON」「サークルK・サンクス」の3系列。うち、セブンイレブンだけは青汁の取り扱いをしていないので、青汁を購入するのであればLAWSONかサークルK・サンクスが狙い目となります。

コンビニエンスストアで取り扱いされているファンケルの青汁は、「スーパー青汁3パック入り」です。いわゆる冷凍青汁ですので、購入した後は速やかに冷凍庫に入れるか、さっさと飲んでしまうべきでしょう。

言うまでもなくコンビニは日本全国津々浦々どこにでもあります。ファンケルの青汁を置いているコンビニはどちらも全国展開している大規模チェーンですので、近くで見つからないということはないでしょう。

こうしたコンビニ店舗にて青汁取り扱いがあると言うのは、普段の使用にも良いのですが、旅先や出張先など普段行かない場所で特に役立つかもしれませんね。

例えば、自分が毎日飲む分を切らしてしまったという場合や、帰省先の家族にもすすめたいといった時に、目についたコンビニで購入できるというのは実に便利な話です。

ファンケルの青汁粉末のお試しセットはオンラインショップ限定販売なので、まずは通販でお試しセットを購入し、気に入ったら近くのコンビニで購入!ということもできちゃう便利さがいいですね♪

 

ファンケルの青汁の生産地は?

ファンケルの青汁は、冷凍タイプも粉末タイプもベースにケールを用いていますが、そのケールはすべて安心の国内産のものを使用しています。

昨今、安価な食品、特に加工食品の素材となると出所不明なものが使われていることも珍しくはないのですが、健康維持のために飲もうという青汁なのに、その素材が信用出来ないのでは話しになりません。

また、真っ当なレベルの素材であっても、農薬の使用量や栽培方法等にも気を配らなければ、ほんとうの意味での健康食品とはならないでしょう。

ファンケルの青汁に使用されているケールは全て国内産で、生産地は愛媛・鹿児島・長野県の契約農家が栽培したものを使用しています。

日本の農業は全世界的に見ても非常に高レベルのものであることは周知の事実ですが、さらにこの契約農家に限定して栽培するということは、徹底した品質管理を可能にする上で重要だったりします。

高い品質を保って栽培を行うためにはそれなり以上の手間と意識が必要なのですが、契約農家という形であればそうやって手間ひまかけて栽培したケールを確実に買い取ってもらえますので、農家としても安心して品質向上に努めることができるというメリットが発生します。市場に出すとどうしても価格競争がメインになってしまいますのでこうはいきません。

そうやって丹誠込めて栽培されたケールを、自然成分そのままで青汁にしたのがファンケルの青汁シリーズです。保存料や添加物も入っていませんので、子供から大人まで誰でも安心して飲める健康ドリンクだと言えますね。

 

ファンケルの青汁には葉酸も含まれている

葉酸というのはビタミンM・ビタミンB9とも呼ばれる成分で、元々はほうれん草の葉から見つかった成分なんですね。

葉酸は体の中に入ると還元されてジヒドロ葉酸→テトラジヒドロ葉酸と変化し、補酵素として各種代謝に関わる重要な栄養でもあります。より細かく述べると、アミノ酸や核酸代謝に関わる補酵素として関わっていることがわかっています。

この葉酸が不足すると「悪性貧血」「赤血球障害」などを引き起こすため、成人、特に女性では積極的に摂ることをすすめられます。

特に強く推奨されるのが妊婦・これから妊娠する予定の女性で、葉酸をしっかり摂っておくことで胎児の「二分脊椎症」確率を減らせることがわかっています。これにより厚労省では妊娠予定の女性に一日0.4mg(400μg)の葉酸摂取を推奨しています。

ちなみに一般的な成人の推奨摂取量は240μgとなっています。

葉酸は野菜などの各種植物によく含まれている成分ですので、野菜を積極的に摂取する他、「青汁」でも効果的に摂ることができます。ファンケルの「スーパー青汁」では1パックで45~200μgの葉酸を含んでいますので、1パックで大体推奨摂取量の半分、うまくすれば8割摂ることが出来る計算です。

当然他の野菜や食品にも多少は葉酸が含まれていますので、「ファンケルの青汁+普段の食事」で十分な葉酸を摂ることができるでしょう。

ちなみに、ファンケルのその他の青汁と比べても、葉酸含有量に関しては「スーパー青汁」が飛び抜けて多くなっていますので、妊婦・妊娠予定の女性にはぴったりだと言えますね☆

 

ファンケルの青汁のカロリーはどれくらい?

青汁利用者の内、少なくない割合で「ダイエット」ということを兼ねている人がいると思われます。

その場合、朝ごはん代わりやちょっとした空腹感解消に青汁を飲む、もしくは何かと青汁を合わせたドリンク・デザートでカロリーを削減するという事を狙うと思うのですが、果たして青汁自体にはどの程度カロリーがあるのでしょうか。

まず、ケールを搾ったそのまんまの天然成分である「スーパー青汁」の場合ですが、100g1パック中に含まれるカロリーは「6~32kcal」となっています、ある程度幅があるのはケールの状態自体に季節や気候でのブレがあるからです。

あえて最大値の「32kcal」で考えてみますが、32kcalというのは例えば白米ご飯で見ると大体20g程度になります。(6kcalと考えれば4~5gです)

コンビニで売っているおにぎりが一般的に100gですので、「スーパー青汁」のカロリーはコンビニおにぎりの5分の1程度という計算になります。実際は6~32kcalということですので平均値を取って19kcalというところでしょう。

この場合はコンビニおにぎりの8分の1程度です。こんにゃく製品などの「理屈上0カロリー」にはさすがに負けますが、それでも殆ど気にしなくても良いレベルのカロリー量であることは間違いないでしょう。

ちなみに、同じ飲料系ということで高カロリーの代名詞「コーラ」と比較してみますと、コーラが100g辺り46kcalですので半分以下という計算になります。こうやって見てみると、青汁はダイエット中の方でも安心して飲めますね♪

 

ファンケルの冷凍青汁について

化粧品や健康食品で有名なファンケル。もちろん青汁も色々なタイプを取り揃えているのですが、その中でもあえて推したいのが「冷凍青汁」です。

冷凍青汁というスタイルは、青汁の中では最も早くから出てきていたタイプで、すり潰して搾った青汁をそのまま冷凍したパックとなっています。保存性や利便性から粉末タイプが主流となっている現在でも、この冷凍青汁だからこそのメリットがあったりします。

それはなんといっても「成分そのまま」であることです。本来の青汁は野菜や野草のすりつぶし汁ですから、各種食物繊維の他に大量のビタミンCを含有しています。しかしこのビタミンCという栄養素は、タイプにもよるのですが基本的に水分がないと崩壊してしまいます。

その他にも乾燥粉末ではどうしてもカバーできずに失ってしまう栄養分というのはかなり多く存在します。水溶性ではない食物繊維なども、扱いやすい粉末にする際にかなりの部分が失われますので、お通じへの効果もやはり冷凍青汁が大きく優っています。

ファンケルの冷凍青汁は、野菜の王様と呼ばれる「ケール」を100%使用した、まさにこれこそ青汁といって良いストロングスタイルの青汁となっています。

カルシウム吸収を助けるツイントース以外は一切無添加無着色の、ケールそのままの青汁というのは、使い勝手や飲みやすさを重視した粉末青汁とは一線を画する効果が期待できます。

どうも今のマイルドな青汁では物足りないという人にはおすすめの一品ですよ。ただし、多少(かなり?)の飲みづらさは覚悟して下さいね!(笑)

 

この記事を書いた人

rinmama - image
りんママ(管理人)
出産後、急に健康志向が強まり以前から興味のあった青汁を愛飲中。納得いくまで色々試すこだわり派であり、誰よりも「青汁を選ぶ難しさ」を感じているつもり。日本一青汁を飲み比べた主婦(?)として、自分の経験が誰かの役に立てばと思い「青汁のソムリエ」を立ち上げる。青汁最高!